給付金を受け取るには

具体的にB型肝炎給付金を受け取るにはどうすればいいのかということですが、まず覚えておいてほしいのは平成34年1月12日までに請求しなくてはいけないということです。

給付についての法律があることについては先ほどお伝えしましたが、この特別法には期限が設けられています。この期限までに申請しないと受け取れるはずだった給付金も受け取れなくなりますから注意しましょう。なお、給付金の受給資格があるのは一次感染者と二次感染者、遺族となっています。

遺族の場合は親族が裁判を行うことで給付金を受け取れます。裁判はその気になれば自分でもできますが、ほとんどの方は自ら裁判を起こしたことなどないはずです。

手順も分からないでしょうし、何から始めればいいのかすら分からないでしょう。そのため、B型肝炎給付金訴訟を起こすには通常弁護士に依頼することになります。

B型肝炎給付金に関する訴訟に力を入れている法律事務所もありますから、そうした事務所の弁護士に相談するのがもっともベストな選択ではないでしょうか。

きちんと相談に乗ってもらえるでしょうし、自分に受給資格があるかどうかも確認できます。相談だけなら無料という法律事務所も多いですよ。